モトブラン ブログ Moto-Blanc

スポークの破損

 

たま〜〜〜にそのまま乗られている方がおられますが、スポークは1本でも折れている時は修理を必ずして下さい!!と言うのも、「1本くらい大丈夫!!」と思って乗っておられる方が意外と多いんです・・・確かに、1本折れたからと言ってすぐにどうこうなる事は少ないかもしれませんが、そこからどんどん緩んでいって気が付けば(ギャップに乗り上げたり)大事故につながる・・・と言う事になります。モチロンほかの部品にも影響が出る事もあります・・・

 

 

 

 

 

 

 

本来、定期的に振り取りや点検をするべき所でもありますから、気になったらキッチリと修理をしましょ〜〜〜!!

 

 

18:36 | メンテナンス | comments(0)
ウォーターポンプ

 

ヤマハのスクーターです。オーバーヒートの警告灯が点灯し、入庫しましたが色々と調べると2日程度でリザーブタンクの水がスッカラカンになる。ヤマハで多いのがヘッドガスケットの不具合が原因で燃焼室内に水が入って減るという症状。でもこれだと、エンジンの調子が悪くなったりするけどエンジン自体は絶好調・・・で、エンジンオイルを調べると白濁していたので「これだ!!」と思い、調べると案の定ウォーターポンプのインペラの軸にあるオイルシールの破損でした。

 

 

 

 

 

部品が入荷するまでに、分解してキレイにお掃除をして組まば問題ないでしょう!!!

17:54 | メンテナンス | comments(0)
複合的な原因・・・

 

今回のCT110。国内モデルの古い車両なんですが、スロットルを開けると引っ掛かりがありスムーズに回転が上がらないという症状で入庫しました。で、まず気になったのが、吸気系統。インマニの各々の接合面に錆があり、2次エアを吸っている感じ。キャブとの間のカラーも、ヒビが入っていたりとあまりよろしくない状態だったので、インマニやヘッドの面取り&キャブレターのパッキン類の交換(OH)をやりました。それで大方なおったんですが、まだ少しよろしくない・・・なので、次に見たのが・・・

 

 

 

 

ポイント。案の定、火花がバチバチとリーク状態・・・接点を磨いても改善されなかったので、交換しました。

 

 

 

 

古い車両は、全体的にくたびれている分、どうしても「そこだけ!!」ではなおらない事もあります・・・その分、どうしても時間がかかってしまったりするんですよね・・・・

 

 

 

 

 

 

でも、ひとまず調子が改善されて良かった良かった!!!!

 

 

 

 

GWの営業は以下の通りです。

 

 

4月27日(木)〜5月2日(火)までは休まず営業いたします。

5月3日(水)〜5日(金)までお休みをさせて頂きます。

5月6日(土)〜 通常営業をさせて頂きます。

 

宜しくお願いします。

 

18:26 | メンテナンス | comments(0)
バルブガイド(交換)

 

ここまでの作業は、余りする事は有りませんが今回は、バルブのガタが出ていたので交換です・・・で、先程組み上げてエンジンをかけてみましたが・・・・・・・メチャクチャイイ感じに仕上がりました!!!

 

 

 

 

 

 

 

フゥ・・・・1丁上がり!!!

 

19:24 | メンテナンス | comments(0)
焼き付き・・・

 

久しぶりにカブ90のエンジンです。エンジンが止まった訳では無いんですが、「少し異音がする」と言う事で開けてみるとこんな感じでした・・・今回はシリンダーも交換です。あとヘッド周りもついでにバラすと、バルブのガタと当たり面がやや大きい・・・なのでバルブとバルブガイド交換、それとシートカットと、まぁ少々重症です・・・

 

 

 

 

 

 

 

やや大掛かりにはなりますが、これで無事にエンジンもリフレッシュする事でしょう・・・

 

 

 

 

 

 

21:17 | メンテナンス | comments(0)
フロントサスアーム

 

先日のゴムやベアリングと同じく、フロントサスペンションアームのカラーです。要は、フロントショックの動きをスムーズにする為のモノですが、ここも古くなってくるとガタが出てきたり、動きが悪くなって乗り心地や操安性に影響を及ぼす部分です・・・昔のカブはグリスニップルがついていたので、定期的にグリスアップがしやすかったんですが、1900年代当たり以降のカブにはありません・・・まぁ、それだけ頻繁にする必要が無いと言う事ですが、それ故に限度を超えてガタが出る車輛もあったりします・・・

 

 

 

 

 

 

ハンドリングに違和感がある時はここもチェックしましょ〜〜〜〜!!

 

3月26日(日)は臨時休業いたします。宜しくお願いします。

 

18:41 | メンテナンス | comments(0)
ゴムの硬化(劣化)

 

キャブレター車のカブです。ハンドルの下に振動対策で入っているゴムの板{パーツリストでは:シート(AとB)、トップブリッジラバー}です。年数が経つと、ゴムの劣化が原因でハンドルにグラ付きが出たり、ガタが出て来ます。以前に書いたベアリングの症状とは少し違いますが、古いカブだとこの辺りの部品が原因で、コーナーの途中で怖い思いをする事もしばしばあります・・・フロントフォークを固定した状態で、ハンドルを左右に動かした時にガタが出ていたら要注意ですヨ!!!

 

 

 

 

 

 

以前のベアリング含めこのゴム板とFショックのリンク部分のカラー、ホイールのベアリングは、フロントがリンクタイプのカブにとって転倒に繋がる、ある意味タイヤよりも重要な部品です!!!

 

 

 

 

18:30 | メンテナンス | comments(0)
下調べ・・・

 

私の業界ほぼ同級生のカブ90。以前にエンジン関係のリフレッシュをしましたが、今回は主に車体関係をやってます。一応、簡単な点検をして作業を進めていたんですけど、気になりだしたらここもあそこも・・・と言う事で、車体もガッツリ総点検&リフレッシュをして行きます!!

 

 

 

 

 

 

 

さて、何処までキッチリとリフレッシュ出来るでしょうか!!!!

16:28 | メンテナンス | comments(0)
エア抜き

 

2ストロークエンジンでオイルの入れ忘れが原因で焼き付きました・・・で、シリンダー関係の修理は4ストロークエンジンでも交換等は一緒(モチロン構造は違いますヨ!!)ですが、エア抜き作業と言うモノが2ストロークエンジンには必要になります。この辺りの事は、構造が分からないと何の事だかサッパリ・・・でしょうけど、簡単に言うとエンジンオイルのタンクからエンジン(多くはキャブレター付近)までのホースに溜まったエアを抜く作業の事。ホース内に空気が入っていたらその間は、オイルが廻らないのでまた焼きついてしまいますからね・・・

 

 

 

 

 

 

2ストロークにお乗りの皆さん、オイルは早め早めに補充しましょ〜〜〜〜〜〜!!

 

 

 

 

17:09 | メンテナンス | comments(0)
ドライブチェーンの換え時・・・

 

ドライブチェーンの換え時って色々な原因がありますが、小まめなメンテナンスをすれば人によっては30,000km以上交換せずに使う事が出来ます。逆に、新車から何もしてい無くて乗りっ放しだと、10,000kmもたない場合もあります。そう考えると、たかがドライブチェーンと言えど出費は3倍違ってきます・・・場合によって(と言うか多くの場合)、スプロケットも同時交換となると結構な費用です・・・

 

 

 

 

あなたの車輛も、一度チェックして見ては如何でしょうか・・・

 

 

 

 

16:26 | メンテナンス | comments(0)