モトブラン ブログ Moto-Blanc

<< レッグ・・・・ | ブログトップ | エアクリーナー >>
スイングユニットのオーバーホール

 

ホンダのスリーター(3輪車)のエンジンとフレームを繋いでいる部分(写真はジャイロキャノピー)。車体を乗らない時のパーキングロック(リアタイヤと左右に動くスイングユニットの固定)ですが、そのスイングユニットのロックが利かなくなってしまったのでその部分の修理です。

 

本来は、エンジンを完全に下ろしてからの作業なんですが、そんな事をしていたら時間と手間が掛かるだけ・・・なので、車体とエンジンをリフト上で完全に固定して、ユニットのみを外しての作業です。ここで役立つのが二輪車用のジャッキ。本来、アメリカンやネイキッドモデルのフレームに当てて使用する横に長いジャッキなんですが、これがあれば車体側の固定が完璧に出来る(エンジンは、二輪なので車用のパンタグラフでOK!!)ので作業が非常に楽!!!ササッと外してパパッとやっちゃいました!!!

 

 

 

 

と言っても、最終の仕上げは明日になりそう・・・

 

 

 

当店はpaypayで支払い出来ます!!

 

 

 

18:03 | メンテナンス | comments(0)
コメント
コメントする