モトブラン ブログ Moto-Blanc

<< 人間の感覚 | ブログトップ | 中古車リトルカブ(セル無し3速) >>
たかがオイル。されどオイル。

 

昨今の高性能モデルとはお世辞にも一緒とは言い難いと思うカブのエンジン。正直言って、このクラスのエンジンに100%化学合成のオイルを使う必要が「ある」「ない」どちらかで言え!!と言うのであれば・・・「ない」と思います。

 

実際のところ、闇雲に高いオイルを使わなくとも粘度にだけ気を使えば、今どき日本国内で買える安いオイルでも余程の事が無い限り、問題無く使えます。ただひとつ言える事は、高性能オイルを新車からずっと使い続ければ4万キロ、5万キロ・・・と距離を重ねる毎に、差は確実に出て来ます。例えば、同年式でほぼ同じくらいの走行距離の車両がある場合、良いオイルとスタンダードオイルと比べると、エンジン音の静粛性やスムーズ感は確実に違ってきます(※)。でもそれって、乗っている方にしてみればどう違うのかが判り辛いのが難点・・・ずっと同じ車両にしか乗っていなければ分からないのも無理は有りません。

 

 

あと、たまに聞くのが「前回〇〇の△△オイルを使ったから次は××の□□オイルを使おう」って頻繁に銘柄を変える方がおられます。エンジンオイルって、銘柄を変えると古いオイルと混ざってしまい、少し調子が変になる事がまれにあるそうです(オイルメーカーの営業マン談)。それを知らずに「前回のモノよりも調子が悪くなったからこのオイルはダメ!!」って早々に結論は出さないで欲しい(営業マン談)・・・との事。銘柄を変える場合、出来れば2〜3回くらいは早めに交換(捨てるつもりで)して、それからの調子で判断して欲しいそうです。

 

 

と、ゴチャゴチャと面倒臭く書きましたが、簡単に言うと、「興味があるなら良いオイルを是非!!楽しんでほしい」でも、「安物でも上等でも粘度だけは決して間違えない!!」これだけ。特に、カブ等の空冷エンジンに昨今のシャバシャバ高性能オイルを入れるのだけは絶対にやめて欲しい。それなら、G1の10w-30をずっと入れる方が数十倍エンジンには優しいと思います!!

 

 

 

 

※:当店でのスタンダードクラス(アッシュMO)と、合成油(アッシュFSE)を比べた場合です。MOが悪影響を及ぼしたと言うワケではなく、年式(程度)相応のコンディションをキープしているという意味です。誤解しないでね!!

 

 

 

 

当店はpaypayで支払い出来ます!!

 

18:12 | メンテナンス | comments(0)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.moto-blanc.com/trackback/1277741
トラックバック