モトブラン ブログ Moto-Blanc

<< 分解完了!! | ブログトップ | 色選び >>
スタッドボルト

 

スタッドボルト折れ。

 

ある程度走行距離が伸びている車両や乗られている環境によって、金属疲労が原因で起こる症状です。ご存じの方も多いとは思いますが、何故??シリンダーヘッドのボルトがよく折れるのか???原因を知らない方もおられると思いますので、少し解説を。

 

そもそも、どんなボルトでもある程度古くなってくると、ヘッドのスタッドボルトだけでなくサビや金属疲労で、多少なりとも折れやすくなるモノです。シリンダーやヘッド付近は車体の中でも特に温度変化の激しい所。ましてや、マフラーを固定しているスタッドボルトは燃焼直後の高温下にさらされ、触れると火傷するくらいに熱くなります。と言う事は、温度が高くなると金属は酸化しやすくなる=サビる・・・と言う事です。

 

サビてくればその後は、もぅお分かりと思いますが素材の強度は落ちて来るので「ポキッ」と折れてしまいます・・・あとこれにプラスして、カブ等(最近のスクーターも同じく)の横置きエンジンの場合、タイヤ等が巻き上げた水や汚れが付着したり、原付だとボルト自体が細かったり、コストの面から素材自体の強度が低かったり等々・・・いろんな原因が積み重なって行き・・・・折れるんです・・・

 

 

物体である以上、劣化を防ぐ事って出来ません。ただ、やる事をやれば長く使う事は出来ます。乗り物ってそれの積み重ねかな?って思いますね。

 

 

 

 

 

当店はpaypayで支払い出来ます!!

 

 

18:02 | メンテナンス | comments(0)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.moto-blanc.com/trackback/1277737
トラックバック