モトブラン ブログ Moto-Blanc

<< スイッチの加工 | ブログトップ | 研ぎ出し >>
配線の加工

 

ただ今作業中のカブ110です。たまに聞かれるのが、「配線処理の仕方」。方法を聞かれても、お答えするのは「同じ色をハンドル加工に合わせて繋げる・・・」くらいしか答えようが無いのが実情です・・・こればかりは経験(知識)が無いと出来ない事であって、お教えしようにもどうにもならないのが実情です。強いて言うなら、延長する時は、「配線の色を変えずに同じ色で必ず伸ばす」と言う事くらいでしょうかね。そうすれば、いざ何かトラブルがあった時には大抵何とかなると思います。で、配線を車体に収めた状態が・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じ。作業が途中で少し分かり難いですけど、見えない所こそキレイに処理しておけば、不思議と作動不良のトラブルも解消されてますね!!!

 

 

 

 

 

ただ、配線の意味(何の配線か)を知らずに加工をする事が論外なのは、言うまでもありません。サービスマニュアルは言うまでもなく、配線の色と意味を把握してなければ、先ず出来ないと思います・・・

 

 

 

 

 

 

2月14日(木)は臨時休業させて頂きます。宜しくお願いします。

 

 

当店はpaypayで支払い出来ます!!

 

 

 

18:22 | FAQ(良くある質問) | comments(0)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.moto-blanc.com/trackback/1277623
トラックバック