モトブラン ブログ Moto-Blanc

<< リア周りの加工とエンジン積み込み | ブログトップ | ほぼ、完成??? >>
手間は掛かりますが・・・

 

ワイヤーや配線関係の記事を書く時に同じ事を良く書きますが、今回も似たような内容です・・・

 

私も仕事柄、ネットで他の方が作られたカブなんかを目にする事はしばしばありますが、プロや素人関係なく「お!!!これはカッコいい!!!」と思うカブに共通する事は、

 

 

決まって全体的に非常にスッキリしている車両です。正直、この辺りの事は好みの範囲になるので今から書くことが正論だとは言いませんが、特にワイヤーは寸法がキッチリ合っている状態(長すぎず短すぎず程よい長さ)の車輛って、私の好みではないカスタムでも思わず(カッコよく見えて)見直したりします。これは、ワイヤーだけではなくって配線関係も同じだと思います。これはフレームに隠したりするとかじゃなくて、

 

 

 

キレイに(丁寧に)配線の処理がされていれば、(言い方は悪いですが)他が少々雑な加工がされていても結構カッコよく見えるんじゃないかなぁ・・・って思います。なので、私がいつも依頼を受けてカスタムをする時は、配線とワイヤーの取り回しに関してはすごく気にかけます。モチロン、他の作業を疎かにしていると言う事では無いですよ!!!

 

それの一番効果的な作業のひとつが、配線をパイプ内に隠すのと、ワイヤー関係を適切な長さにする事だと私は考えてます。あと、それを如何に目立たなく自然にかつ、適正な取り回しをしてやれば、もうワンランク上の仕上がりに到達するんじゃないでしょうか???

 

 

 

 

 

 

 

最後に、「お前のはまだまだ雑だ!!」なんて言わないで下さいね。あくまで、私の理想論なので・・・私も日々色んな車両を見させて頂いて、勉強しております・・・

17:55 | カスタムあれこれ | comments(0)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.moto-blanc.com/trackback/1277470
トラックバック