モトブラン ブログ Moto-Blanc

<< 今度の110は白 | ブログトップ | リア周り >>
ゴムの硬化(劣化)

 

キャブレター車のカブです。ハンドルの下に振動対策で入っているゴムの板{パーツリストでは:シート(AとB)、トップブリッジラバー}です。年数が経つと、ゴムの劣化が原因でハンドルにグラ付きが出たり、ガタが出て来ます。以前に書いたベアリングの症状とは少し違いますが、古いカブだとこの辺りの部品が原因で、コーナーの途中で怖い思いをする事もしばしばあります・・・フロントフォークを固定した状態で、ハンドルを左右に動かした時にガタが出ていたら要注意ですヨ!!!

 

 

 

 

 

 

以前のベアリング含めこのゴム板とFショックのリンク部分のカラー、ホイールのベアリングは、フロントがリンクタイプのカブにとって転倒に繋がる、ある意味タイヤよりも重要な部品です!!!

 

 

 

 

18:30 | メンテナンス | comments(0)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.moto-blanc.com/trackback/1277063
トラックバック