モトブラン ブログ Moto-Blanc

<< クラシカル2 | ブログトップ | バーハンドル化に伴う配線の処理 >>
どちらの原因が先なのか??

 

「エンジンが止まった・・・」と言う事で、年末に預かったジャイロキャノピー。当初はオイルラインにエアが噛んでいたので、オイルの入れ忘れ(2ST車)による焼きつきだと思い、シリンダーとピストンその他の修理をしてセルモーターを回しても、エンジンがかからない・・・何だか火が飛んでいないような感じなので、プラグを外して調べてみると・・・飛んでいない・・・

 

なので、イグニションコイルやらパルサーコイルやら色々調べてみても異常無し・・・少し悩んで、配線を触ってみるとイグニションコイルのアース線がギボシの根元からポロリと脱落。結果的にこれが原因で修理すると・・・ブルル〜〜ン。直りました。

 

 

 

どちらかが原因でエンジンがかからなくなるなら分かりますが、あまり同時になるような故障じゃないので、一瞬考えさせられましたが、恐らく配線が少し堅くなっていた所に、エンジンを開ける為にコイルを触った所、「ポロッ」と切れた(と言うかギボシが外れた??)のかも知れません・・・

 

 

 

 

 

まぁ、どっちにしろ原因が分かって良かった良かった。。。

 

 

 

 

17:45 | お店 | comments(0)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.moto-blanc.com/trackback/1277006
トラックバック