モトブラン ブログ Moto-Blanc

煙突の修理

 

先日、エンジンが焼き付いて修理をしたジャイロキャノピー(2st)。試運転時も調子が良くて「問題無し!!」と判断していったん納車しましたが、数日後に「走らなくなった!!」との事で再度お預り・・・調べると、マフラーが完全に詰まってました。正直言って、マフラーの詰まりは前兆が無いとある時突然詰まる事もあります・・・今回タイミングが悪くて修理の完成後、たまたまこんな感じで再修理することになってしまいました・・・今回は、交換すると高くつくので一旦マフラー本体の横(写真の四角い溶接跡)を開けてカーボンを除去しました。これでエンジンは嘘のように絶好調になりました!!!

 

 

 

再修理と言うのは非常に心が痛いですが、こればかりはお許しを・・・

 

 

当店はpaypayで支払い出来ます!!

 

 

 

 

17:25 | メンテナンス | comments(0)
ベアリング

 

何度か書いておりますが、ベアリングは消耗品です。と言ってもいつ、どうなれば交換時期なのかと言われてもなかなか分かり難いかと思いますし、慣れてしまえば「こんなもん」って思われる事もあるようです。私も以前に経験が有りますが、例えばホイールのベアリングがダメになると、タイヤが急に「ズルッ!!」っと滑ってしまって転倒・・・するし、ヘッドパイプ(ハンドル)のベアリングがいかれると、アンダーステアが出てこちらも酷いと転倒に繋がります・・・

 

 

 

 

 

 

行きつけのバイク屋さんで聞けば診てもらえると思いますので、ある程度古くなったバイクは是非チェックを!!

 

 

 

当店はpaypayで支払い出来ます!!

 

 

19:18 | メンテナンス | comments(0)
総点検

 

PCXの総点検。今回ダイアグツールで調べたところ、過去に故障履歴が残っておりました(インジェクターの不具合)。それに伴い、パソコンに接続して調べると、たまにインジェクター(吐出時間)の数値が一瞬低くなる・・・お客さんに聞くと、「あまり不具合を感じる事は無かった」と言う返答。ただ、インジェクターの数値が下がる時に一緒にアイドリングの数値も規定値を下回るので、このままだとエンジンストップの恐れも十分に考えられます。と言う事で、バラして修理をすることになりました。

 

配線関係の点検と、インジェクター本体の清掃をした後にもう一度PCに接続して調べてみると、インジェクターの数値は安定してくれました。

 

 

 

最近の車両はこう言った事で過去の不具合や、今後起こるであろうトラブルが想像出来たりと非常に便利な時代になりました。乗っていて特に不具合を感じなくても車体本体にDTCとして記憶してくれるので、定期的な点検をしていれば深刻な故障を起こす前に、トラブルを回避することが出来ると思います。

 

 

 

 

 

定期点検って、そう考えるとホントに大事な事なんですよね!!!

 

 

 

当店はpaypayで支払い出来ます!!

18:00 | メンテナンス | comments(0)
異臭

 

 

家の中でひと晩置いておくとガソリン臭くなる・・・と言う事でキャブレターを見てみると、フロートチャンバーとキャブ本体との合わせ面から漏れた跡(黒いシミ)が・・・バラしたりしないで(新車から)ずっと乗り続けていれば、あまり起こる事のない症状ですけど、よく見るとキャブヒーター配線の取り回しが少し変。恐らく何かの理由で以前にキャブレターを外したんでしょうね。まぁ、それは良いとしてとにかくバラしてキレイに掃除をしないといけません。

 

 

 

 

 

にしても、ガソリンの臭いって、嗅ぎ続けると頭が痛くなる(当たり前!!)けど、それまでは嗅ぎ続けたくなるんですよね〜〜〜

 

 

 

 

当店はpaypayで支払い出来ます!!

 

 

 

17:39 | メンテナンス | comments(0)
ブレーキ

 

色の濃い方が古いシューで、右側が新しいモノ。車両の走行距離が増えて来ると、ブレーキのライニング(ドラムやディスクに接触する部分)が減ってくるのはモチロン、ドラム(ディスク)側もやせてきます。なのでシュー(パッド)の交換時、古い車両ほどそれに合わせてシューやパッドの面取り(右側の角を削っている部分)をしてやる必要が出て来ます。モチロンこれだけでは完璧ではなくて、馴染むまである程度気を付けながら乗って頂く事にはなりますが、それでもやるとやらないとではヤッパリ違います・・・

 

 

 

 

ディスクやパッドも同時に交換すれば良いんですけど、そう言うワケには行きませんからねぇ・・・

 

 

当店はpaypayで支払い出来ます!!

 

 

 

17:24 | メンテナンス | comments(0)
レギュレートレクチファイヤー

 

ご自分でバッテリーを交換されましたが、2日ほどですぐにバッテリー上がり・・・ワケが分からなくなってお預りです・・・結果的にはレギュレーター不良で交換。無事直りました・・・・が、問題なのは新品のバッテリー(しかも、海外の怪しいメーカー)を2度も上がらせてしまった事。MFバッテリーは、新品でも完全放電させてしまうと持ちは急激に低下するので、その辺りが少し心配です・・・

 

 

 

 

 

2日程度かけてキッチリ充電しましたが、ある程度持ってくれればいいんですけどね・・・

 

 

 

 

当店はpaypayで支払い出来ます!!

 

 

 

18:02 | メンテナンス | comments(0)
点検ノススメ

 

当ブログでもしばしば出て来るこの光景。何時もの如く、オイル交換と合わせて点検をしております。故障履歴に関しては、本体表示ランプの点滅回数で分かりますが、センサーの状態(数値)に関しては専用ツールを使い、パソコンに接続しなければ詳細が分かりません・・・頻繁にする必要は無いとは思いますが、法定点検(12か月)の時ぐらいはこうした点検をしておけば安心です。。。

 

 

 

 

人間ドックの検診みたいなモノですが、車両の状態がより詳しく分かるという意味で、定期的な点検は重要ですね!!!

 

 

 

 

当店はpaypayで支払い出来ます!!

 

18:07 | メンテナンス | comments(0)
ヘッドパイプのベアリング

 

走行距離を重ねると、ハンドルの動きが悪くなる事があります。分かりやすいのが、センタースタンドを立てた状態でフロントホイールを浮かせたときに、ハンドルが真ん中で「カクン」って止まったらアウト!!ですね。で、バラシた写真が・・・

 

 

 

 

こちら。アンダーブラケットのコーンレース(少し茶色い部分。そもそも茶色っていうのがマズイ・・・)に、点々と印のように等間隔についている部分が、ボール(ベアリング)によってすり減っている部分。そこにボールが来ると「カクン」となってハンドルが動きにくくなるんです。なんで、真っすぐにした時なのかと言うと、その部分にボールがある時が一番長いから。これだけ目で見て分かるくらいだと、結構な重症です。。。

 

 

 

あと、乗っていて妙なアンダーステアの症状に気付いた時はこの辺りが原因の場合が多いですね。

 

 

 

当店はpaypayで支払い出来ます!!

 

 

 

 

 

19:15 | メンテナンス | comments(0)
スクーターの駆動系交換

2サイクルの時代から比べると、スクーターの駆動系の修理って増えたような気がします。そもそも、原付スクーターが2サイクル主流の時ってエンジンが20,000劼鯆兇┐襪肇タガタで修理よりも乗り換えを・・・って感じでしたが、最近の50ccのスクーターはメンテさえしっかりしていれば、20,000卍兇┐詫祥気粉兇犬します。そうなると、駆動系の修理をしてもまだまだ使える・・・と言った感じなんでしょうかね。

 

 

 

 

 

この車両(トゥデイ)も実は40,000勹曚┐任后ΑΑ

 

 

当店はpaypayで支払い出来ます!!

 

 

17:34 | メンテナンス | comments(0)
ホイールベアリング

 

これも昨日の記事と同じく、気付かずに乗られている方が結構多かったりします。ただホイールベアリングの場合、フロントだとコーナー途中でブレーキを掛けた時にフロントが流れてコケそうになる(コケる)症状が出ますが、単に空気圧やタイヤの摩耗が原因なのか?と思う事も・・・

 

 

 

 

見つける方法は、ホイールを持って車体に対して、左右にガタがあると要交換です!!

 

 

 

 

当店はpaypayで支払い出来ます!!

 

17:15 | メンテナンス | comments(0)